NPO WFAO Top
Enter



WFAO 日本語
Enter



WFAO English
Enter
  
   
 

コンサートの
写真


     上海万博「世紀のコンサート」

       ベートーヴェン第九『喜びの歌』上海万博会場に響く



 
     
             

 7月17日、中国上海万博会場・総合芸術ホールで上海城市交響楽団主催・NPO法人WFAO協力による「世紀のコンサート」が開催されました。世界26カ国から約1300人の楽団、合唱メンバーの参加があり、日本からも約60名、参加しました。同コンサートは、今年の5月23日に亡くなったNPO法人WFAO前理事長森下元康氏が、2005年に名古屋で開催された「愛・地球博記念アマチュアオーケストラフェスティバル」の時に中国代表に提案したことがきっかけでした。

 上海市にはそれまで社会人のアマチュアオーケストラはありませんでしたが、このコンサートで指揮をされた曹鵬氏、曹小夏さんらのご努力で、2006年には上海城市交響楽団を設立。その後大きく発展され、見事な「世紀のコンサート」を実現されました。

 演奏に先だちましてNPO法人WFAOの神野信郎会長よりコンサート実現の功績に感謝して曹鵬氏と曹小夏さん感謝状とトロフィーが贈られました。


        日本からの参加者         曹小夏さん 神野信郎会長 曹鵬氏

         

主な演奏曲目は

    行進曲「威風堂々」第1番(エルガー)  アレックス・ベベーレン氏指揮
        組曲「惑星」から「金星」「木星」(ホルスト)  山路譲氏指揮
    「百鳥朝鳳」」(中国民謡 編曲:曹鵬&龔国泰)  曹鵬氏指揮
    交響曲第9番ニ短調「合唱付き」から第四楽章(ベートーヴェン) 曹鵬氏指揮 

                 
                        
           ソリスト  ソプラノ 北畑明子(日本)
                  アルト  Lauren Easton(オーストラリア)
                  テナー  Melvinl Tan(シンガポール)
                  バリトン 井上雅人(日本)  
                                                                                                  

演奏曲目や練習予定等が途中で変更となり、参加者の皆様には多々ご迷惑をおかけいたしましたが、皆様のご協力のおかげで、オーケストラ活動を通して、中国とはじめての国際交流ができ、大変有意義なフェスティバルになりました。もう少し他の国との方との交流の時間、機会が持てるとよかったのですが、今後、この上海万博を機にアジアとの交流を深めていく予定でおります。

音楽は世界共通語、特にオーケストラは多数の人間の共同芸術活動が「楽譜」を通じてできるという素晴らしい利点があります。今後ともこのような企画にご参加お願いいたします。    
                 

          [地球が交響する日を夢みて

       


尚、WFAOのHPにもこのコンサートの写真が多く掲載されています。ご覧ください。